法人向けパソコンとは

法人向けパソコンは個人で購入できるパソコンと何が違うのか、そのメリットやデメリットについて説明します。また、普通のパソコンとどういったことが違うのか、性能や価格などについても合わせて説明していきます。

法人向けパソコンのメリット

企業などでパソコンを使用する目的は表計算や文章作成が主であるため、個人向けパソコンに入っている様々なアプリケーションは入っていません。企業によっては団体向けのボリュームライセンスを購入していること…

法人向けパソコンのデメリット

法人向けパソコンは特定の業務に特化した作りになっています。同梱されているソフトも業務をスムーズに進められるように改良されているので便利ですが、その反面、業務以外の目的に転用するのが難しい欠点もあり…

普通のパソコンとの違い

PCリサイクルマークを知っていますか?普通のパソコンにはPCリサイクルマークがついています。このリサイクルマークがついているパソコンは、PCを処分する際に費用がかかりません。パソコン本体の価格にリ…

法人向けパソコンは誰でも購入できる?

法人向けパソコンを手に入れたいと思っても、個人で購入できるのかわかりませんよね?そこで、法人向けパソコンを手に入に入れられるのはどういった場合なのか、また購入できるとしたらどこで買うことができるのかを説明します。また、法人向けパソコンの選び方についても解説していきます。

個人で購入できる?

家電量販店でパソコンを購入すると、家庭用のパソコンが購入できます。あまり見る人はいないでしょうが、ノートパソコンの裏を見るとPCリサイクルのシールが貼られています。このシールは購入代金にリサイクル…

どこで購入できる?

個人がパソコンを購入するときは家電量販店など小売店を利用するケースが多いかもしれません。家電量販店で売られているのは個人向けや家庭用で、買ってすぐに使えるよう色々なソフトが入っています。法人向けパ…

法人向けパソコンの選び方

誰でも買えるかメーカーに確認を

法人向けパソコンは、ビジネスを行っている方に向けて販売されているので、家庭用としては購入することはできません。個人で購入したいのなら、個人事業主になるしかないでしょう。しかし、それは建前上のことで、現在ではビジネスを行っていない一般消費者でも購入できる可能性があります。法人向けパソコンの一般消費者への販売は、メーカーによって対応が異なるので、購入できるかどうかは直接聞いてみましょう。メーカーにメールで問い合わせれば、数日中に明確な答えが返ってくるはずです。対応するメーカーならば、デスクトップタイプはもちろんのこと、ノートタイプも購入できるので、目的に合ったスペックの法人向けパソコンを選びましょう。

家庭向けと比べながら購入しよう

法人向けパソコンを一般消費者向けに販売しているようなメーカーなら、家庭向けパソコンのラインナップも取り揃えている場合が多いです。そのため、法人向けパソコンを購入する場合は、家庭向けと比べて購入するようにしましょう。家庭向けと同じものが安くなっているわけではないので、価格差があるのなら、スペックの差も確実に存在しているからです。そのスペックの差をしっかりと見極めた上で購入すると満足ができます。ただし、CPUの早さやメモリの量といったパソコンの性能に直接関わるスペックではなく、見た目や電源の品質など性能に関わらないスペックの差の場合もあります。そちらなら、同じ性能で安く購入できるため、法人向けのほうがお得だといえるでしょう。