法人向けパソコンのメリット

余計なアプリケーションが入っていない

企業などでパソコンを使用する目的は表計算や文章作成が主であるため、個人向けパソコンに入っている様々なアプリケーションは入っていません。企業によっては団体向けのボリュームライセンスを購入していることもあるので、購入当初はOSすらインストールされていないものもあるほどです。これは、余計なアプリケーションが多いとパソコンの動作が異常に重かったり、ハードディスクの容量を圧迫するなど、業務上に支障が出る可能性もあるからなのです。軽い動作で業務できるところが法人向けパソコンのメリットです。そのため法人向けパソコンの内部で使用されているパーツはさほど高価なものではなく、コスト面でも安く抑えられるように工夫しています。

拡張や修理が行いやすい

企業等の団体で法人向けパソコンを購入する際はノートであれデスクトップであれ、ほぼ同じスペックで複数台を購入することがほとんどです。しかし、プログラミングやイラスト、動画作成などの業務でパソコンを使用する部署だった場合、配布されたパソコンではパワー不足であることが多くあります。そんな場合でも、法人向けパソコンでは配布されたパソコンにメモリやグラフィックボードを追加することで対応できるなどの拡張性の高さがあります。

また、法人向けパソコンは業務で使用するため、破損した場合はすぐに新しいものと入れ替えるなどは困難です。そのため修理が必要となった場合でも比較的長い期間で部品供給されていることが多く、修理に対応できる年数が長いことも特長です。